ABOUT ME

Show More
はじめまして!
日野市在住、6歳と3歳の男の子兄弟ママをしております森田さきほです。
写真の道に進むきっかけは、次男が5ヶ月のときにSNSで流行っていた、気球の【おひるねアート】を見ようみまねで作成したこと。作っているとき、撮影しているときのワクワク感、そして撮った写真を見たときの感動は今でも鮮明に覚えています。
毎日、授乳して、泣き声に慌たり、夜中授乳で起こされ寝不足の日々。そんな中、子供が産まれて初めて心から楽しい!と思えた瞬間でした。
すっかりおひるねアートの虜になった私は、すぐに講座に申し込みおひるねアート講師になり、撮影会を毎月開催するようになりました。
外に出れば、子供の声が迷惑じゃないか、泣きはしないかとビクビクするママさんたち。
おひるねアート撮影会はルールも、やっちゃだめなこともない、ただただ
「可愛い!可愛い!」
と楽しんでいただけるような空間にしたいと、フランス語で
【可愛くて可愛くてしかたがない】
という意味の【mimi】と屋号をつけました。
ありがたいことにおひるねアート講師として
2017年新人賞受賞
第4回おひるねアートコンテストに入賞
2018年優秀講師賞(関東部門)第2位
第9回おひるねアートコンテスト入賞
第10回おひるねアートコンテスト入賞
を受賞させていただき、殿堂入りアーティストとなりました。
そしてその後、もっともっと幅広いお子様たちの思い出写真で、幸せのお手伝いをしたい!
と、カメラの勉強を本格的に始め、フォトグラファーデビュー。そして、フォトスタジオムーンテラスの石井先生のもと、ニューボーンフォトの研修を受講し、ニューボーンフォトグラファーとしてデビューしました。
私は、子供写真はご家族様の愛情が詰まっていると思います。お子様が大きくなったとき、自分の写真を見て、写真の外にいるママの姿、愛情をすごく感じるはずです。どんな顔で自分を見てるのかな?きっと笑顔なんじゃないかな?
と創造が膨らむはず。
「このとき、こういうことがあってね」
などと、楽しそうに話すご両親様をみて、赤ちゃんのときに包まれていたパパ、ママのぬくもりを感じるんじゃないかと思います。
撮った10年後20年後にも、ご家族様の幸せに携われたら、光栄です!そして、そんな気持ちを胸に撮影に挑んでいます。
 
私自身は長男が赤ちゃんの時は、本当に余裕がなく毎日不安と責任感でいっぱいで、写真を残すことまで頭が回りませんでした。今となってはとってもとっても後悔しているので、皆さんが羨ましいです!(次男もマタニティ、ニューボーンは撮影していないので昔に戻りたい!)
今しか撮れないお子様の輝きを、一緒に残しませんか?
​皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

 

**************************
  • Instagram
  • Facebook Grunge
  • Twitter Grunge